提供しているサービス

商品を販売する場合何から揃えればよいのでしょうか?
最近では直売所等で販売される農家の方も多くなってきたので、売り場でPOPをつけたり、袋にシールを張ったりする生産者の方も多くなってきました。

まず大切なことは消費者の方に知ってもらい、そして覚えてもらうことが大切です。差別化を図らなければ、どれだけこだわって美味しく作っても、消費者から見れば農産物の一つに過ぎません。
すでに名前を覚えてもらっている場合は別として、まず認知してもらうことから始めましょう。

下に示した内容はキューブネットが提供しているサービスです。
ご相談頂ければ実現したいことと予算にあった内容でご提案させていただきます。お気軽にお問合せください。

シール

若松クイーン

シールは商品の差別化を図るには重要なアイテムです。
オリジナルデザインでシールを作りませんか。消費者の方に覚えてもらいやすくなります。定形のものから全てオリジナルのものまで可能です。

ポップ(ポスター)

商品のポップは必要です

農産物の情報をわかり易く伝えるにはポップは重要なものです。差別化を図るのにも役に立ちます。

リーフレット

リーフレット

商品の詳細情報だけでなく販路拡大の時にリーフレットがあると担当者の方に説明がしやすくなります。

のぼり・看板

のぼり

ご自宅や観光農園で直売する時に認知してもらいやすいのが、看板やのぼりです。市販品でも効果はありますが、オリジナルのもので統一感を出すとより認知度がアップします。最近では随分とお安くなってきたので、ロゴ等を作った際はおすすめです。

オリジナルロゴ・ネーミング

加工品だけでなく生産物にも販路を開拓していくには商品名とそのロゴマークが必要になってきます。消費者に商品の内容が伝わりやすくまた、覚えてもらいやすい名前とカラーで作られることをおすすめします。

パッケージ(ダンボールや包装)

やまさきさんちのスイートコーン

商品を流通に乗せるには商品を入れる箱が必要になってきます。定期的に買ってくださるリピーターは、案外箱を取っておいたり覚えてくれているものです。また、適正な販売価格と入り数、ギフトにも対応できるか?そして宅配便のサイズに収まるか?などを考えて作ると良いでしょう。

ホームページ(ネット通販・SNS)

商品の情報や生産者の考え、こだわり、生産物の生育状態など細やかな情報を掲載しておくことにより、検索やSNSを通じてファンとの関わりを作る可能性があります。
しかし作りっぱなしではせっかくの問い合わせなどを無視することにも繋がりますので、無理の無いよう出来ることから始めると良いと思います。
現状を拝見しアドバイスすることも可能ですのでお気軽にご相談ください。

これら全てを一度に揃えていくことは難しいですが、実現可能なことからご提案させていただきますので、まずはお気軽にお問合せください。

赤しそドリンクのできるまで

2014年から遠賀町様と始まったブランド商品「遠賀逸品」シリーズ。ほぼゼロから弊社でご提案し、現在でもブランド商品として育っています。
その時の模様をまとめてみました。
参考になるところもあると思いますので是非お読みください。