赤しその収穫を取材してきたよ

梅干しを漬ける季節ですね。
梅干しと言ったら欠かせないのがきれいな色にする赤しそ。
その赤しその収穫の取材に行ってきました。

日が出るまでに刈り取るとしおれないのだそうです

赤しそは日が昇って気温が上昇するとしおれてしまうため、
早朝3時から5時位までに収穫するのだそうです。
私達が行った時はすでに黙々と作業をされていました。

早朝から作業は始まります

赤しその収穫に使う車です。
こうやればしそを傷つけること無く、
赤しそを収穫することが出来ます。

わきを残して主軸を40センチほど刈取ります。
収穫は一つのしそから3度刈り取れるとのこと。
最初主軸を刈取り、次に脇から出ている芽を成長させて2度、3度と刈り取るのだそうです。

重労働です

もう随分と日が登ってきました。
あとちょっとです。
それにしても重労働です。
近頃はしそ農家も高齢化が進み昔ほどの収量は無いそうです。

朝一番の赤しそはとてもキレイです
朝一番の赤しそはハリがあってとってもきれいな色なんですよ。
これを見れるのは早起きは三文の得の内かな(笑)?
ご苦労様でした

取材に協力していただいたしそ部会の方々です。
朝早くからご協力ありがとうございました。

 

Follow me!