2回目 商品化への道 怒涛の提案

赤しそドリンクのできるまで

2回目 商品化への道 怒涛の提案

今回の製品化していくものは、

①遠賀町特産の「芳香赤しそ」を使った「赤しそドリンク」

②遠賀町産菜種「ななしきぶ」を使った「菜種油」

③遠賀町産米「夢れんげ」の三種類です。

3種とも昨年に引き続き製造しますが
商品内容やパッケージなどすべて変更していくことになります。

昨年の商品をもとにまずは問題点や改善点を洗い出し。

①赤しそドリンク
旧赤しそドリンク
昨年のものは500mlのペットボトル 500円。
ペットボトルなためドリンクのイメージが強いが
飲んでみると風味が強すぎて、ごくごくと飲めるイメージではない。
リンゴ酢を使ったためくせのある味で飲みにくい。
ドリンクとして500円は高い。という声があがっていました。

まずは、ドリンク自体の味の見直しとパッケージの見直しを提案。

 

②菜種油

旧菜種油

昨年のものは、1.8リットル入りのプラボトル。
大きな精油工場のため、1回の絞る量を大量にしなければいけないため
残念ながら遠賀町でできた菜種以外のものを混ぜて精油。
価格が高く、購入に至らないとの声。

基本的に油の絞り方から再検討。
遠賀町産菜種100%を使った菜種油とパッケージの提案。

 

◆パッケージ提案
まずは販売先やパッケージなどを思いつくまままに提案。
パッケージもイメージができるようにいろいろなものを取り揃えました。
いろんな販売形態をよりイメージができると思いもつかなかったような
アイデアがでてきます。

■各種瓶タイプ
遠賀デザイン提案02

■ペットボトルや紙パック、カップタイプもイメージ作りのために

遠賀デザイン提案03

◆デザイン提案

デザインもターゲットを絞らずに、デパートで売れそうなものであったり
直売所で売れそうなもの、健康志向なもの、子供をターゲットにしたものと
様々な角度から提案。

遠賀デザイン提案10

遠賀デザイン提案11

遠賀デザイン提案12

遠賀デザイン提案13

遠賀デザイン提案14

遠賀デザイン提案05

遠賀デザイン提案06

遠賀デザイン提案07

遠賀デザイン提案08

遠賀デザイン提案09

前へ
赤しそドリンクができるまで
次へ